うさぎを飼うときにかかるお金(想定)

タイトルそのまんま。タダでは家族に迎えることはできません。何が必要なのか、どれくらいお金がかかるのか、そんな話です。やたらとうさぎのしっぽさんの名前を出しています。回し者ではありませんが、うさぎ専門店として大変心強いのです。
ちなみに見出しの金額はあくまでも想定です。実際の価格は、店舗やうさぎさんに伺ってみてください。

うちのうさぎの茶々さん
うちのうさぎの茶々さん

品種を決める 価格は50,000~

さて、うさぎさんを家族に迎えると決めたら、どの品種にするか、を考えます。うさぎにも様々な品種がいます。例えば、うちのうさぎさん、茶々はダッチという品種です。白と黒の模様が有名ですね。ですが、茶色や灰色などのダッチもいます。模様も一匹として同じ子はいないのですね、面白いですね。茶々はレギンス履いてます。と、話が反れました。
人気のあるネザーランドドワーフという品種は、大人になっても1キロぐらいと小型のうさぎさんです。ちなみにダッチは2キロを超えると言われますが、茶々は1.8キロです。写真は近影ですが、童顔です。うさぎにも童顔はある。
茶々さんはうさぎのしっぽさんで購入しました。お近くに店舗がある方は、是非一度行ってみてください。店舗に行ったときは飼うつもりは無かったのです。が、茶々を見て、なんて可愛いんだ!と思ったらもう膝の上載せてもらってましたね。
うさぎさんの価格はそれぞれです。

ケージを決める 15,000~ 

次にうさぎさんの体の大きさに合わせてケージを準備しましょう。ケージはおうちですね。ちなみに茶々は、うさぎのしっぽで購入したプロケージ80に住んでいます。
選ぶポイントは、広さ掃除のしやすさ、でしょうか。狭い家に住みたくないのはうさぎも一緒です。動き回れる広さは確保しておきましょう。寝たり跳んだりしますからね。トイレを置いたり、食事場、水飲み場など用意しないといけませんしね。掃除のしやすさは、うさぎは賢くトイレを覚える、と言われていますが、個体差があります。またうんちをぽろんぽろんとする生き物なのでトイレ以外でもころころうんちします。それをいちいちケージを分解して掃除すると大変なので、下の部分がスライドして外しやすい奴が良いです。ここで、実例を出しますと、先代うさぎ、うささの場合は毎回ケージを分解し、すのこを取り外さないと掃除が出来なかったので、とても大変でした。また、うさぎが大人になった時、どのくらいの体格になるのかを想定しておかないと、窮屈になってしまう恐れがありますね。実際、茶々は子供の頃はプロケージ60に住んでいました。何が起きたか、分かりますね?ええ、窮屈になってしまったのです。買い換えました。プロケージ80は、30,000円程度です。
安いケージもありますが、すのこを外すのにケージ解体というものもありますので、じっくり選びましょう。

ご飯を買う 牧草 1,200~ ペレット 1,600~

うさぎさんを決めたら、ご飯を買います。その子が食べている牧草、ペレット、ちょっとおやつ。うさぎのしっぽでは店員さんがこれこれを食べています、と教えてくれます。うさぎは用心深く、ご飯が変わると警戒して食べません。なので、お店で食べているご飯をあげるようにしましょう。茶々はチモシーをお店で食べていましたが、実の所オーツヘイが好きです。
牧草を食べないと腸の働きが悪くなって、最悪、亡くなってしまうので、本当に牧草は食べてくれるものを惜しみなく上げてください。茶々さんは2回ほど夜間救急に行っています(ともに問題なしでした良かった)
ペレットは補助食品的な立ち位置ですね。主食は牧草なのでもりもり食べ放題で入れておきます。たまに牧草を咥えて走っているのを見るとたまらん。

トイレシーツは忘れずに買いましょう。おしっこやうんちの掃除が楽です。私はプロケージ80の下のトレーに、トイレシーツLサイズを3分の2、上部を折り込んで使っています。茶々はケージの奥の方におしっこをするので、二重にしたらよく吸うかなーって感じです。
トイレに関してはトイレ砂もありますが、掃除が大変だったので、私はシーツ派です。

総合価格 70,500~ プラスアルファ

初期費用参考価格は70,500~となりました。あくまでも参考価格となります。
うさぎさんを迎えてからは、ご飯代、トイレシーツ代、病院代などが適宜かかってきます。
またうさぎさんは生殖器系の疾患が多いため、手術代が必要になる可能性もあります。
万が一の事も考えて、余裕を持っておいた方が良いですね。
是非とも双方幸せなうさぎライフを送れますように。
それではまた次回!

ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました