クチュリエで手毬を作ってみたよ

久しぶりにレジン以外の物を作ってみたいな~という事で、毎度おなじみフェリシモの手作りキットメインのブランド、『クチュリエ』から【まるく美しく「はじめてさんのきほんのき」ちいさなてまりのお教室の会】に挑戦してみることにしました。

FELISSIMO フェリシモ

こちらが大まかなセット内容を写したものでございます。
作り方説明書、糸、などなど。
初回セットには針とまち針が付属していました。
なので、このセットを申し込めば必要な道具は揃いますね。
あとはハサミとかは自分の持っているものを使いましょう。

この【まるく美しく「はじめてさんのきほんのき」ちいさなてまりのお教室の会】は、初めててまりを作る人のための会(コース)となります。
私も祖母がやっていたなー、じゃあやってみよ、みたいな気持ちで挑戦!
感想は、難しかったです(笑)

毎月1回のドキドキ、ワクワク! フェリシモ定期便!

こちら、芯となる球のわた?にベースとなる赤い糸をぐるぐると只管巻き付けて、
北極と南極(球の上と下の頂点)と赤道(円周を均等に割った位置)を印した所の写真です。

これを見ただけでも分かると思いますが、綺麗に均等に割れていませんね!
まず、赤いベースの糸を巻きながら、球を作って行かないといけないのですが、それがなかなか難しい。球のサイズは決まっているので、そのサイズを維持、あるいは近づけながら球体にする・・。途中なんども手が滑って床に弾転がししたりしました。
もっと力を入れても良かったのかな?

続けるほどに、楽しさが広がるフェリシモ定期便をお楽しみください。

その後も、模様を縫うのに四苦八苦しました。この写真は上手く出来たほうを写しています(笑)
反対側は説明書を見事に読み間違えて、模様が末広がりになっています・・、なんで!?なんで読み間違えた。
・・総評としては、は、初めてにしては完成まで行けたから良かったんじゃないかな。
このてまりシリーズは、全7回のようでして、次回はこの毬よりも、少し小さい毬で、同じ模様を描くそうです。大丈夫か?
しかしながら、1回しかやっていないのなら、2回目やってみるべきじゃない?という事で継続してみます。
途中でやめることもできますので(全回数予約レッスン以外)、皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか。
普段出来ない、作ってみたいけど何をすればいいの?なんて思っている方は是非、フェリシモの手作りメイン、クチュリエで探してみてください!

ランキング 、よかったらぽちっとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました