羊毛フェルトキットシリーズ ハシビロコウをつくる

こんにちは、羊毛フェルト楽しんでます。今回は前回、以下の記事にて購入を紹介しました「ハシビロコウ」を作製してみました。難易度はチャレンジ!

完成品はこちら

今回作ったハシビロコウキット→ハマナカ 羊毛フェルトキット ニードルフェルトでつくるどうぶつたち ハシビロコウ

完成品はこちらだぁー!
このキットも特に芯材は使わず、羊毛を刺しつけて制作。
恐れていた「変な形になって失敗する」を頭部でやらかしたので、そこは似たような羊毛を押し入れから引っ張ってきまして作り直しました。
大まかには頭部、胴体とまず制作。
頭部がアーモンドみたいな形にするのが難しかった。
胴体はナスをイメージして制作。
しかし、ちょっとほっそりしすぎた感。

今回の難所

今回の私の難所は2か所ありました。
1、体の模様 2、脚

1、体の模様
ハシビロコウの羽根を表しているのだと思うのですが、めちゃくちゃ大変でした。
まずグレーの羊毛をうろこの形に刺しつけて、それを縁取るように白の羊毛を刺しつけていきます。
一段終わったら、その上に段違いになるように同じ作業を数回繰り返して完成。
前側は、先に白の羊毛で波模様を2列刺しつけてから、その間をグレーの羊毛で埋めるという。
大変だったです。

2、脚
脚はテクノロートをマスキングテープで巻いて留めて。4本爪で、後ろの爪を作るために、その巻いてまとめたテクノロートに、短く切った1本をマスキングテープで留めて・・がめっちゃ難しい!!
違う作り方ないんかな! マスキングテープしか用意が無かったのがあかんのかな!ぐらぐらしてめちゃくちゃやり辛かったです!
もう力技で、マスキングテープで「よし、やっちまえ!」って形になったら、急いで接着剤を塗布してグレーの羊毛でぐるぐる巻いてそれっぽく作っちゃいました。
このハシビロコウは、この脚のみが支えなので、凄い・・大変。現在机の上で奇跡的に立っています。
胴体に接着した後は、こう、頑張ってバランスを取れるようにテクノロートを曲げたりして・・やりました。

ハマナカ テクノロート(形状保持材)白

価格:264円
(2022/8/20 17:57時点)

ハマナカ テクノロート

個人的にテクノロートの扱いが結構難しいと感じています。まず、ハサミで切る時が結構固くて、切り口が潰れちゃうんですよね。ニッパーで切ってもうまくならない。皆そうなのかな?
モールの方がやりやすいのですが、モールだと太さがあるから何かに接続するときに大きな穴を開けないといけないのが非常に難点。一長一短ですねぇ。色々と試して、上手くいく方法を見出したい。

総括

今回作ったハシビロコウキット→ハマナカ 羊毛フェルトキット ニードルフェルトでつくるどうぶつたち ハシビロコウ

難易度チャレンジの文字通り、難しかったです!が、難しいからって避けていたら成長は無いのだぜ。頑張りました。無事二本の脚で立ってくれていますので、上出来です。
もうちょっと胴体を太らせて、くちばしを太くした方がもっと格好良くなりそうな予感。
またいずれ2羽目を作ってみようと、ここに記しておきます。

それではまた次回!ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました