バッグハンガー修理の備忘録

新作のバッグハンガーを試作していまして、1つ自分用に作ったんですね。私がバッグハンガーを欲しかったってのもあり、めちゃくちゃいいものができた!!と早速職場で使ってみたんですよ。
で、ちょっとぶつかってしまって落っことしてしまったのですが、そうしたらすっかりアームがおバカになってしまったのでした。(この日は散々で、バッグハンガー壊れるし、ロッカーに指挟むし、旦那さんのレザークラフト用ゴム板厚さ5センチに小指をぶつける)

何を掛けても土台がぐらついてしまい全く役に立たなくなりました。
で、まず土台がばかに・・?と思ったのですが、別に凹んだり剥がれたりもしていないのでそれは無し。
次にアームを確認したところ、写真真ん中の軸との接合部分の可動域が広がってしまっていることが分かりました(家にあったもう1個の同じ製品と比べて判明)。
どうやら中に入っている可動域制御のストッパーか何かが、落とした衝撃でずれたかしてしまったようです。

ねじ山らしきものも無さそうなので、緩んだと考えると締め直すのは無理そう。なので、次に可動域が緩んだのならば、正常な可動域の形で固定したらダメだろうか・・。という事で手元にあったアロンアルフアで接着を試みました。幸いだったのは、収納したときのアームの形と、実際に鞄を掛けるときのアームの形がそれほど変わらない事でした。
写真中央の軸にくっついてるねじ?の部分の周囲にちょんちょんと。両側アロンアルフア。
そして、この写真の状態でしばらく硬化させてみました。

結果、使用できるようになりました。
いい感じに接着剤が入り込んで、角度が決まったようです。
ちなみに耐荷重を購入先に問い合わせたところ、5キロと言われました。が、他の同じような製品を使用している公式グッズなどを検索したところ、大体3キロ程度の記載があったので、
3キロあたりまででの使用が安心できそうです。
いざ5キロかけてぶっ壊れたら元も子もありませんものね・・。
お前は何を引っ掛けたのかい?私はリュックを引っ掛けました。仕事道具(お財布とか)が入っています。もちろんPCは出してます。
PC抜いて5キロ超えるって事は無いはずなので(6、7キロ背負っていることになっちゃうじゃん)、やっぱ5キロは限界MAXよ。

そ、いう事で今回はなんとかもうちょっとバッグハンガーとして活躍してくれそうです。
そのうち「跳ね兎」にて販売したいな~と考えておりますが、その際はぜひですね、3キロまでのご使用をお勧めいたします。もちろん、3キロでも壊れる可能性は十分にございますので、壊れたらキーホルダーとして飾ったりできるよう、可愛い、かっこいいものを作れれば、と。その際は何卒、宜しくお願い致します。

それではまた次回。ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました