UVレジン用LEDライト 6Wと48W 何か違うのか?

UVレジン用LEDライト6Wと48Wを比較してみる

今回比較したUV-LEDライトは以下の2つ。どちらも1液レジンを硬化するために使用します。

【パジコ UV-LEDハンディライト】
手のひらサイズでコンパクト
折りたたみタイプで、45秒・60秒のタイマー付き。
電源はUSBケーブル。
【ステータス】
・パソコンのマウスほどのサイズ感
・45秒と60秒のタイマーが付いているが、カウントの視認は不可能。
・価格は880円(税込)~。
【パーツクラブ UV&LEDライト48W】
電源はACアダプター。
30秒と60秒のタイマー付き。
手前のアルミホイルは漏れる光を遮りたかった筆者のお手製。
【ステータス】
・ティッシュボックスほどのサイズ感
・タイマカウントが視認可能。
・価格は3,000円(税込)~。

登場ライト(あるいは類似品)

パジコ(Padico)
¥800 (2024/06/14 18:16時点 | Amazon調べ)
La Curie
¥2,950 (2024/04/06 12:11時点 | Amazon調べ)

大きさを比べてみる

30cmの定規を一緒に並べて、そのサイズを見てみました。

手前から、定規、6W、48Wのライトの順です。

48Wの方が大きいですね。ワット数が大きいと、ついているLEDランプの数も多くなります。

ですが、大きい分、レジンを数点まとめて硬化できたりもしますね。

電源を入れた状態で、直接ライトを見ると目を痛めるので絶対にだめ

ちなみにそれぞれのランプの裏はこんな感じです。

48Wは明るいため、光漏れ防止のためにアルミホイルを付けています。

あとはアルミホイルから反射して硬化促進になったりしないかな、という。

硬化時間は48Wが少し早い(レジン液の硬化時間を守る大前提)

6Wで45秒の硬化時間に対し、48W:30秒なので作業時間が短縮されています。

※ただしレジン液に記載されている硬化時間を守ること!!

結論として、レジンが楽しくなってきたら、高ワット数のライトを買っていいと思います!

あとライトの下の高さも出るので、くるくる回しながら硬化するの作業がやりやすいです。

球体レジンのコーティングをするのに、すごく楽になりました。

6Wも48Wにも言えますが、ライトの光をしっかりとレジンに当ててください。

いくらワット数が増えた所で、しっかり当てないと硬化しません。

ワット数を上げると、ライト本体は大きくなるので、収納場所をしっかりと用意しておくことが必要です。

また、モバイルバッテリーではなくコンセントからの給電になりますので、作業場所にもご注意ください。

参考になれば嬉しいです。

それではまた次回。ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめのレジン液

コメント

タイトルとURLをコピーしました