バレンタインはうさぎの形フィナンシェを作りました

バレンタインはうさぎの形フィナンシェ

今年のバレンタインは、製菓用シリコンのうさぎモールドを買ったので、うさぎの形のフィナンシェを作りました。

レシピはCottaを参考にしています。「うさぎのフィナンシェ」で検索すると出てくるかと思います。

ちなみに道具もCottaで揃いますので是非ご活用ください。

作業時間は2時間ほどでした。

うさぎの製菓用シリコン型

cotta
¥1,549 (2024/06/04 18:36時点 | Amazon調べ)

うさぎのフィナンシェ いざ製作

シリコンモールドうさぎM 1台分(6個)の材料は、以下の表のとおりです。

無塩バター60g
卵白45g
はちみつ 30g
グラニュー糖 40g
アーモンドパウダー 35g
薄力粉25g
ココアパウダー1g
コーティング用チョコ適量

レシピではコーティング用チョコは、ホワイトチョコを使用していますが、私はスイートチョコレートを使用しました。

道具は、ボウル、泡だて器、粉ふるい、絞り袋などがあればOKです。

日新化工のチョコレートはおすすめ

日新化工
¥4,557 (2024/06/04 18:41時点 | Amazon調べ)

絞り袋は、フィナンシェの記事をうさぎモールド型に入れるときに使います。

うさぎモールド耳の部分に、しっかり生地を入れるようにしましょう。

型には焦がしバターを少量塗って、焼いた後型から取り出しやすいように下処理をしています。

バターの香りはなんだか食欲がわいてくる。

焼く前にトントンと型を軽く打ち付けてみました。これで耳の奥まで生地が入ったかな?

焼き上がりはこんな感じ。この焦げはおそらくバターです。

シリコン型なのでぺりぺりっと剥がれました。お手入れ楽ちんだな!

洗剤で洗う時もペロンとひっくり返せるので、中までしっかり洗えます。シリコン便利。

型に入れたままで冷ましている間に、コーティング用のチョコレートをレンジで溶かします。

フィナンシェが冷めたら一旦型から取り出します。

フィナンシェを取り出した型に、チョコレートを流し、再びフィナンシェを型に戻します。

こうしてコーティングをするわけですね。チョコレートが冷えるまで待てば出来上がりです。

うさぎのフィナンシェ出来上がり

白いチョコペンでダッチ柄にしようと頑張りました。

そして美味しかった・・。紅茶に良く合う~!最高でした。

ただちょっと甘かったので、砂糖の分量減らして良さそうです。

その分アーモンドプードル入れたらいいのではないか。

難しかったところは、コーティングの時に、フィナンシェを再び型に戻すところです。

耳が折れそうでどきどきしました。

それではまた次回。ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

1枚ずつ取り出せて便利な絞り袋

Keenpioneer
¥1,879 (2024/06/04 18:55時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました