カワスイ(川崎水族館)に行ってきました

先日、川崎水族館(通称カワスイ)に行ってきました。今回が初めてとなります。写真を交えてご紹介させていただきたいと思います。

川崎水族館って?

川崎水族館(以下カワスイ)は、JR川崎東口より徒歩1分または京急川崎駅から徒歩5分の場所にある、川崎ルフロンの10階が入り口となっています。水族館自体は9階から10階です。中にエスカレーターがありますのでご安心を。
チケットは当日窓口でも購入可能ですが、前日にWebから購入していきました。Web購入の仕方は、カワスイのHPから『チケット&年間パスポート』をクリック。そこに『Webチケット購入はこちら』のボタンがありますのでクリック。そちらにて好きなチケットを選んで購入となります。
アソビューというサービスを介していますので、すみだ水族館などで使用したことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
気になる価格は、大人1人2,000円、高校生1,500円、小・中学生1,000円、幼児(4歳以上)500円となっています(カワスイHP『チケット&年間パスポート』ページより)。
17時以降の入園では多少値引きされていますので、夜に行かれる方はそちらをご購入下さい。
年間パスポートのデザインがなかなか可愛いので、お近くにお住まいの方や、後述の猫カフェに通いたい方は年間パスポートがお得かもしれませんね。内部レストランでの割引もあるみたいです。

川崎は自宅から電車でちょっとのところにあるので、よく買い物に行っていました。まさか商業ビルの上に水族館が出来るとは思いませんでしたねー!

いざカワスイへ

一気に6枚画像にてご紹介です。
まずはカワスイの入り口です。奇跡的にどなたも写り込まなかったですね、おそらくこれから混んでくるのでしょう・・!手前がチケット売り場、奥にカフェスペースが見えますね。この左側に水族館入口があります。
受付の方に購入したチケットまたはWeb購入の場合はその画面を見せて中へ進みます。
主に淡水魚がメインの展示となっており、最初は近くの多摩川をモチーフにした展示、そこからアマゾンへと進んでいきました。
水槽の傍にはQRコードが付いていて、そちらを読み込むとその水槽にはどんな魚がいるのかが一目瞭然、説明もついていて分かりやすい。かつ家に帰っても振り返ることが出来る!これはとてもいいアイデアだと思いました。水族館って暗いし結構人が居て、説明文を一生懸命読んでいる時間がないんですよね。あと正直どの魚がどれだか分からない(水産学部出身の私ですが、専門外です)ので、ひっじょうに助かります!
と、ともに近くにタッチパネルもありまして、こちら水槽内をモニターしているんです。そして泳いでいる魚をタッチすると、なんと説明文が出てくるのです!これ凄い!!
混んでくると水槽の前に人だかりができますよね?でもこのタッチパネルでも魚が見られるし、しかも説明文も読める。さらには他の水槽を選ぶこともできるのです。これいいわぁ・・。

魚だけでなく爬虫類や鳥類なんかもいて、更には時間で展示が変わるみたいなんですね。上記の鳥はワライカワセミ(鳴き声が人の笑い声みたいなんですって)ですが、こちらは夜になると違う動物に転じ変更するそうです。そういったところが他にもありましたので、17時からの入園チケットでも十二分に楽しめると思います。
マーモセットはカメレオンのしっぽ踏んじゃって気まずそうにしてました。

【ふるさと納税】すみだ水族館年間パスポート引換券(大人1名分・子供1名分)N 【チケット・入場券・優待券】

価格:27,000円
(2022/2/27 15:09時点)

ふるさと納税 すみだ水族館年間パスポート引換券 大人1人子供1人

フードと猫カフェ!?

カワスイ内のこもれびカフェで食べました、
ピラルクフィッシュ&チップスです。
飲み物はリンゴジュースとコーヒーをチョイス。
さっくさくで美味しかったです。
年間パスポートを持っていると安くなりそうな感じでした。

それでですね、なんとこのこもれびカフェに猫カフェが併設されていました。
入るには20分800円から(他メニューあり)となっていますが、このカフェから中を覗くことが出来ます。
我々は家にうさぎがおりますので、外から皆さんの楽しまれている様子を拝見。
猫じゃらしとかおやつとか持って皆さん猫さんと戯れておられました。毛布ふみふみしている子や、水飲みに夢中な子とか、いろんな猫さんが見られました。おそらくこの猫カフェに入るには、カワスイの入場券が必要だと思いますので、通われる方は年間パスポートがあると良いんだと思いました。まさか猫カフェがあるとはね。
って思ったら、小動物ふれあいコーナーもありました(水族館を出たお土産コーナーに併設)。
うさぎ、いたよね。あとモルモットは抱っこOKと書いてありました(こちらも20分800円から)。
うさちゃん、可愛かったんだ・・。茶々の一回り、二回り位小さかったな・・。いやー、うさちゃんは抱っこは駄目で、頭をなでてね、と書いてありました。入りたかったんだけど、茶々さんがいるのでこちらも外から皆さんを眺めることに。ここ水族館だよね?可愛いから良し!

お土産コーナーは大充実

お土産コーナーがめっちゃ広くてびっくりしました。水族館のみならず鳥、小動物ふれあいコーナーもあるので、ぬいぐるみも半端ない。
売り場もそれぞれある程度分かれているので、ふーらふらしちゃいます。
うさぎのぬいぐるみ、めっちゃ種類あったのよ。そしてね、白黒ダッチ柄もあったのよ・・。凄い悩んだんですけど、今日は水族館に来たので、ってことで諦めました・・!
今必需品となりつつあるエコバックとか、魚の絵のお皿などなどなど、お土産コーナーだけでもいいんじゃない?って気持ち。普通にお買い物する感じで訪れるのもありだと思います。多分ここはチケット要らなそうでした。あんなにうさぎのぬいぐるみの種類があったの、初めてだよ。

まとめ

この内容で2,000円でいいのー!?が我々の総括です。朝から行って、夜にもいくとまた別のカワスイが見られて楽しそうだと思いました。
また、中でバックヤードツアーや、プロジェクションマッピングを使ったイベントもあるみたいなので、予め時間を調べていくと良いと思います(前準備なしだったので全然見られませんでした!)。
そうだ、よく大きい水族館にはありますが、展示室内にソファとかは無かったな。淡水メインっぽかったので海水魚はいません。もちろんイルカとかもいません。
でも、満足です。ハイテクって感じでしたね。QRコードは最高だね、室内薄暗いから読み取れるかハラハラしますけどね。
あとは充実のお土産コーナー。うさぎ、うさぎのぬいぐるみ。
今度は夜の部に行ってみようと思います。それではそれでは!
(サムネにした画像のお魚が、頭を撫でていてどんどん頭が上に上がっていくうさぎの口にそっくり)

ランキング 参加しています。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました