うさぎと気温を考える

10月に入り、なんだか急に涼しくなりましたね(むしろ寒い)。ここで茶々と一緒に気温を考えたいと思います。この所、調子を崩すことが多かった茶々。今年で6歳とシニアになる事もありますが、うさぎは暑さが苦手な動物でもあります。
この夏、我が家では23.5度をキープしていました。が、私には寒すぎて・・大変でした(笑)
ですが23.5度も茶々にとっては暑かったようです。

うさぎと暮らす 2022年 10月号 [雑誌]

価格:1,650円
(2022/10/10 16:11時点)

では最近の気温ではどうでしょう?
外は18度だったりしますが、室内は大体20度前後でした。

茶々はとっても元気いっぱいで、駆けずり回るなどしています。
(うんちが小さすぎるのが心配ですが、牧草の好き嫌いや年齢のせいもあるのだろう、と)
ベランダに出れば思いきり走り回っているので、どうやら快適の様です。

私と茶々は気温では気が合わないですね。
が、人間は洋服でなんとでも出来るので、今年は毛糸の靴下とか買って冬を乗り切ろうかなと思います。

みなさんのうさぎさんはいかがですか?

夜間救急に駆け込んでは点滴を打たれる茶々さん。もう慣れっこのようですが・・、なんとかしてあげたいと思いますが、チモシー嫌いなのはどうにもならないようです。
あとは本人に任せて、無理強いせず見守って行こうと思います。

こう考えてみると、先代のうささは暑かったし、寒かったし、可哀想な事をしたのかなとも思います。
うささと過ごしたのは中学生からでしたが、やはり無知や自由になるお金がない時期に動物と暮らす事は大変だと今になって実感します。いつかうささに会ったらめちゃくちゃ贅沢させてあげよう。

それではまた次回。ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました