ついに到着、羊毛うさぎ オーダードール完結編

前回茶々の毛や写真を作家様へ送付したところまでお伝えしました。今回は到着した羊毛フェルト人形をご紹介します。
サイズオーダーして初めてのやり取りが8月でしたので、大体半年近くでしょうかね。
紹介する許可がいただけましたので、この度「Bunny’s Heaven」様に制作を依頼しました。ぜひ、興味を持たれましたらばTwitterやminne等で検索していただけますと幸いです。

created by Rinker
¥1,034 (2024/02/23 11:14:57時点 楽天市場調べ-詳細)

はい、こちらが到着した羊毛フェルト茶々です。
もうね、段ボールが素敵で、横に「ここから開けてね」と書かれてまして、どきどきわくわくしながら開けたら、
この茶々がこんにちはしてました。
「え?茶々じゃん」と呟いてしまいました。でも茶々は足元にいるんだなぁ。
いや・・凄いです。こちらから提供した写真通りの出来栄えです。すごい。
マフマフは本兎より若干グラマラスかもしれないですが、そんなことは魅力がアップするだけなので無問題ですわよ。
この口のところ、たまらん・・。

足の裏の汚れもしっかり再現されておられます!
相変わらずの足裏よ。みなさんのうささんは足の裏きれいですか?
どうにも汚れちゃうんだよなぁ・・。おしっこ踏んづけてるからな・・。
飼い主の足の裏にもたまにうんちが潰れてますね、ははは。
到着が今月12月だったこともあってか、クリスマス仕様のラッピングで到着しましてね、それもまた可愛らしかったです。
茶々にはラッピングできないからね、ぶんぶんぶっ飛ばされちゃうからね

そしてこちらが横からになります。
羊毛フェルトだよ、茶々は足元にいます。
これは人形なんですよ、本当。人間の手ってすごいね。技術ってすごい。
私がここまで行くには、まだまだ練習が足りていません。
いつか、この域に指一本でもかかるように、レジンと合わせてやっていきたいような気がします。
いっぺんに2つを追いかけるのは大変ですからね、まずはレジンをしっかりやっていきます。そうします。
二兎を追う者は一兎をも得ず。

終わりに控えめの2ショットを載せておきます。
茶々的には「なんやこれ」ということで人形にはあまり近づきませんでした。
そして私的にも、このラッピングを外すのがもったいなく、何か飾れるケースを買ってから開封させていただこうかと思います。
ちょっと耳が一部取れかけていたのですが、そこは手直し方法を教わりましたので、開封後直したいところ。
いや~今回はとてもいい買い物でした。お値段、目が飛び出そうだったんですけど、この出来栄え、技術、とても満足です。仕事頑張ろう。
みなさまも、おうちのうささんの人形を・・となったときは、ぜひ「Bunny’s Heaven」様にオーダーしてはいかがでしょうか!!

それではまた次回。ランキングもよろしくお願いいたします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました